発達障害への学校の判断

昨日、遅くに電話がかかってきた。
中学の養護の先生からです。

校長、学年(三年生の教員)、相談室の臨床心理士、この人たち全ての了解をもらい
息子の書字障害に対して、受験の時は学校として文書を発行し、
受験までは臨床心理士を中心に学習支援、
受験が終わった後は、今までの復習を兼ねた学習支援を行ってくれることになった。

前回の話し合いの時に、こんなだといいなぁって話したことが一気に実現に向かっています。

やはり学年主任はしぶったらしいのですが、
そこを養護の先生が、
『これから、彼が高校でも学習支援を受けられるように、入学の段階から情報をはっきりとさせたり、何が困難かを伝えて、高校の授業に生かしてもらいたいから今のバックアップが必要なんです。』

って言ってくれたらしい。

本当に小学校の時からこれが出来ていて、中学でも継続出来たらどんなに良かったでしょう!
読めない、書けないことをコンプレックスとして感じず、
勉強ができたのではないかと思います。

まぁ、過去を振り返らず
前だけを向いて、書けないことに対する消極的な気持ちが少しでも少なくなるように
私は行動していきます。

それにしても、長かったぁ〜
でも、本当は始まったばかりなんだよね!

まだ受験までは二ヶ月、中学卒業までは四ヶ月弱あります。

貴重な公的フォローの機会を逃さず、息子自身も活用していくことを願っています。
本人がやろうって思ってなければ、どうしようもないからなぁ。

これで、病院の言語療法士の先生に、学校の準備が整ったと報告できます。
人と同じ努力で書けるようにはならないけど、
専門的な知識を借りて、息子がこれから先文章を書くことに対して困難さを感じないような
支援をしていきたいと思います。

やっと中学が動いてくれた。
発達障害に対しては否定的でなんにもしてくれていなかったから、
息子の書字障害を認めることは本当に難しいと思っていました。


また経過報告しまーす。
頑張りまーす。
[PR]
by adolescence-w110 | 2011-11-26 07:50 | 発達障害


思春期、障がいを越えて大人になっていく子どもたちと、ババの癌闘病記録


by adolescence-w110

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

最新の記事

反抗期ってなんでしょうね!
at 2016-06-05 06:05
あきらめと見放し
at 2014-09-05 09:31
母の部屋
at 2014-08-10 07:46
抗がん剤の一時中断
at 2014-07-31 09:40
親子(母子)ってなんだろう?
at 2014-06-22 10:12

タグ

以前の記事

2016年 06月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2013年 10月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月

お気に入りブログ

その男Glass-Jaw...
素敵な時間
たいせつな毎日。
あーちゃんはmath kid
反抗期と不登校に悩んで
子育てはまだ終わらない・・・

エキサイト以外のブログ

カテゴリ

全体
思春期・反抗期
学校のこと
私自身
お友達
支え人

発達障害
悲しいこと
わがやの天使と悪魔を始めた訳
臨床心理士
思春期男子
思春期辞書
更年期障害
思春期女の子
書字障害
未分類

検索

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

子育て
日々の出来事

画像一覧